人生2度目のリノベーション!1軒目売却のご感想から、"2軒目だからこそ"の設計こだわりポイントをご紹介!


今回お話をお伺いしたのは、2016年にリノベる。でフルリノベーションした1軒目のお住まいを2022年に売却され、現在2軒目もリノベる。で設計プラン中のHさま。売却の体験談や、新築の購入も視野に入れながらも2軒目もリノベーションという選択をされた背景についてお伺いしました♪



設計と創り上げた、住みやすさ抜群の1軒目


2016年、従来の間取りにとらわれず大きなワンルームにしたい!というご希望を叶えるにはリノベーションしかない!とご依頼いただきました。当時は1人目のお子さまがまだ小さく、どこにいても目が届く住まいにできたことに大満足だったそうです。部屋を広く感じさせてくれる3枚の大きな室内窓がお気に入りポイント。設計担当者の「3枚の窓とガラス戸がぴったり重なるように」というこだわりや、暮らしやすさを考えたコンセント配置の提案に感動したそうです。



売却を考えはじめたきっかけは?


Hさま曰く、お住まい自体への満足度は高く、不便なところは何もなかったと言います。売却するという選択の背景には、ご家族構成の変化やライフスタイルの変化がありました。

変化を受けて、上のお子さまが小学校にあがるまでには引っ越しが必要かも...?と思っていた矢先、徒歩圏内に新築のマンションが竣工するとの案内が。将来の参考になるかも?と新築のモデルルームに足を運んだことが売却活動を考え始めるきっかけになりました。


リノベる。にご依頼いただくまでの道のり


見に行った新築のモデルルームでは、新築ならではの良さも感じるものの自分たちの暮らしにあっていないのではという気づきが。ここに部屋はいらないのにな、なんでここにコンセントがあるのだろう?と考えるほど「次の住まいもリノベーションで自分たちの暮らしに合ったお部屋がよい!」という想いが増していきました。

さらに、新築のデベロッパーにも査定を依頼したところ、言い渡された金額は物件の相場価格。リノベーションをしているから少し高く金額をつけられるとしても相場価格にプラスして100万円で良い方との返答でした。


「2軒目も、リノベーションしたい!」

「リノベーションの価値をわかってくれる人に査定を頼みたい」


そんな想いが高まったタイミングで、近くにお住まいだったご友人が持ち家マンションを売却されたそう。自分たちも売却できるかな?と、軽い気持ちでリノベる。へご相談されたそうです。


2軒目だからやりたいこと!


怒涛の売却・購入を経験され、現在設計プラン中のHさま。2度目だからこそ実現したいお住まいのポイントについてお伺いしました!



1軒目では広々としたワンルームにこだわりをもっていましたが、今回実現したいのが「子ども部屋」。好きなだけ散らかせる空間をつくることで、LDKのお掃除やお片付けの手間がなくなることを目指しています。

また、1軒目も遊びにきた友人たちからは「どこかのショールームみたい」と言われていたそうですが、2軒目は一層「お店みたい」なゆったりとくつろげるカウンターキッチンにされるとか。飲食のお仕事をされているHさまならではの、こだわりの空間となりそうです。



「コンセントやスイッチの位置」も大事!


2軒目のプランと工事が完了するまでの期間は賃貸で仮住まい中のHさまですが、コンセントの位置が暮らしに合っていないことや、電気のスイッチが思う場所に無いことが大きなストレスになっているとか。1軒目のお住まいでお気に入りだったホットプレートを使うときに便利なコンセントなどは、今回のリノベーションでも取り入れたいと話していました。

最後に、これから住み替えやリノベーションの相談をするか迷っている方に向けて、Hさまからメッセージをいただきました!


Hさまの2軒目のお住まいの完成もお届け予定です♪次回もぜひお楽しみに!

リノベる。Days

「リノベる。Days」は、中古リノベーションワンストップサービス「リノベる。」ご契約者様専用サービスです。メンテナンスやインテリア提案、住替えや2度目のリノベ相談など、ずっと続くかしこく素敵な毎日をサポートします。