top of page

【お客様インタビュー】「どんな暮らしをしていきたいか」を深く見つめなおした自身のリノベーション経験がすべての始まり。

更新日:2023年7月4日


今回お話を伺ったのは、2019年にリノベる。にてリノベーションいただいたSさまご家族。

リノベる。が主催するイベントにご登壇いただいたりおうち見学会にご協力いただいたり…と、リノベーションをしてから4年が経つ現在でも、様々なかたちでリノベる。と関わり続けてくださっています。


そんなSさまご家族に、リノベーション後のリノベる。との関わりについてお話を伺いました。


 

ー まずはじめに、リノベーション後、リノベる。とはなにがきっかけでやり取りがスタートしたのでしょうか?

はじめは、住み始めてからのメンテナンスで時々ご連絡する程度でしたが、

ある企画でリノベる編集部さんに取材される機会があり、住み始めてからの暮らしの様子を聞きに来てくださって、そのときに新居で暮らし始めた感想をお話しするのがとても楽しかったことが印象に残っています。


それから、私たちの住んでいるマンションの別部屋を気になっている方がいて、別部屋の見学と一緒に我が家の部屋を見学できないかと連絡をいただき、見学会の開催を始めました。



ー ご自身のお部屋を案内するのは、少しハードルが高いと思われる方もいらっしゃるかと思うのですが、どうして見学会の依頼を受けて下さったのでしょうか。

リノベる。でのおうちづくりの過程で得たものが、私たちにとってとても大切な経験になったからだと思います。


リノベる。でのおうちづくりは、いきなり「どの物件に住むか・どんなデザインにするか」ではなく、「どう暮らしていきたいか・どう生きていきたいか」を担当の方と一緒に考えることからスタートしました。


当時理想としていた部屋のデザインや条件に関して、担当の方から「なぜそれがいいと思ったのか?」と質問をもらい紐解いてもらうことで、潜在的に自分たちが本当に叶えたかったことに気づくことができました。暮らしのステージが大きく変わるタイミングだったからこそ、棚卸出来てよかったと今でも思います。


そして、理想の暮らしをもとに物件を探し、リノベーションをした住まいは、住み始めて4年が経つ今でも愛着を持って住み続けられていて「リノベーションしてよかった」と心から感じています。


そんなおうちづくりの過程が貴重な経験だったので、同じようにおうちづくりを検討している人たちが、どんな暮らしをしてみたいと考えているのか、価値観や考えを知ってみたい、という想いが芽生えはじめ、見学会を引き受けてみようと思いました。



ー 見学会ではご自身はどのようなお話をされていますか?印象に残っている出来事はありますか?

リノベーションした内装についての話はもちろんですが、

私たちは都心より少し郊外に出て、築約40年の物件を購入する決断をしたので、

通勤などが不便になってしまったのではないか、子どもにとっての環境(病院や保育園、学校など)の変化などの質問をいただき、実際に暮らしてみて感じたことをお話ししています。併せて、見学会にいらっしゃる方のライフスタイルをお伺いしながら、お互いに意見交換できるのが楽しいですね。


参加される方それぞれに「したい暮らし」があり、それが具体的に叶えることができるかを見学会を通して見定められてるなと感じ、お話を聞いていると刺激になります。



─ その築40年の物件購入に至った理由をぜひお聞かせいただけますか?


築40年程の物件って、新築当時から住んでいた方もいれば、途中から入居された方もいて、幅広い世代の方が住んでいらっしゃると思っていて。子どもたちに年齢層が違う方と話すことを通して、新しい価値観に触れてもらいたい、学んでほしい。という想いがあったんです。実際に、マンションではお祭りなどの催し物が積極的に開催されていて、コミュニケーションをとる機会が多いのでとても嬉しく思っています。


また、私たちが引き受けている見学会も、そこで出会う方とお話する経験が子供たちにとって新鮮で学びのある時間になっていると感じますね。


実はマンションの理事も務めているので、マンションが気になっている方には、このマンションの魅力や管理体制、今後どんなマンションにしていきたいかの展望などもお話ししています。実際に見学会に参加してから、この物件を購入した方も3-4組程いるんですよ!(笑) 敷地内でお会いすることもあって、気づいたらご近所さんになっているというのもおもしろいですよね。


リノベる。を検討している方は、暮らしに重点を置いている人が多い印象です。見学にいらっしゃった方から様々なお話を聞くことができて毎回楽しく開催しています。



ー 今後のリノベる。とのつながりについて

これからもリノベーションを検討している方と関わりを持っていきたいです。また、私たちのリノベした住まいは“可変性”がテーマの一つだったので、これからの暮らしがどのようにアップデートしていくかを担当者さんをはじめ、リノベる。に発信していきたいと思います。


ー 貴重なお話をありがとうございました!引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!



◇ Sさまのおうち事例はこちらから


 

※「自宅の見学会開催について詳しい話を聞いてみたい」という方は

days@renoveru.jp まで、お問い合わせください。



\ 【特典あり】ご友人やご家族のご紹介の詳細はこちら! /





Comentarios


bottom of page